関西空港でのユーロ両替を一番お得にする方法

これから関西空港から、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、フィンランドなどのユーロ加盟国17ヶ国に行く人には是非知っておいて欲しい情報です。関西国際空港(KIX)でのユーロ両替手数料を超劇的に安くする方法です。

関西国際空港内には、関空直営の外貨両替ショップ、三菱東京UFJ銀行が運営するワールドカレンシーショップ、紀陽銀行や池田泉州銀行の外貨両替出張所、トラベレックスなどが軒を連ねていますが、手数料の優劣というとどこもどんぐりの背くらべです。空港リムジンバスに割引チラシを挟んでいて、両替でJALマイルが貯まる紀陽銀行の関西出張所が少しばかり他行よりレートがいいですが、これから紹介する革命的な外貨両替手法と比較したら、やはり微々たるものです。

マネーパートナーズのユーロ両替・関空受取サービス

FX専業初の上場企業グループである「マネーパートナーズ」は、日本で唯一、FX口座内で両替した通貨の「空港外貨受取サービス」を行なっています。マネーパートナーズの外貨両替手数料は、上記で紹介した都市銀行・地方銀行、両替ショップの手数料の1/20程度です

例えば、紀陽銀行の両替所で日本円をユーロに両替した場合、1通貨単位に付き、その日の電信仲値相場=TTMレートに4円の手数料が加算されて両替されます。具体的に言うと、申込時点の基準レートが1ユーロ=100円だったとすると、1ユーロ=104円換算で両替されるということです。20万円を両替した場合に受け取れる金額は、1923ユーロ。手数料として77ユーロ=7,700円相当が徴収されたということですね。2,000ユーロの現金を手にするのに、208,000円差し出す必要があると考えてもいいでしょう。

一方、マネーパートナーズの1通貨単位のユーロ両替手数料はというと、(0.2円+ユーロ/円のスプレッド)÷2です。マネーパートナーズのユーロ/円スプレッドは原則固定で0.9銭=0.09円です。計算すると、0.145円となります。

数式

銀行の外貨両替所のユーロ両替手数料は4円、一方、マネーパートナーズのそれは0.145円。2,000ユーロの両替にかかる手数料は、紀陽銀行が8,000円なのに対し、マネーパートナーズはたった290円です!両替金額が多ければ多いほど、後者の方がお得なことがわかりますね。

マネーパートナーズで両替したユーロは、手数料500円で、関西空港のトラベレックス関西空港駅店で受け取る事ができます。「空港外貨受取サービス」の対象となっているのは、2013年8月16日現在、成田国際空港(NRT)、羽田空港(HND)国際線ターミナル、関西国際空港(KIX)、中部国際空港(NGO)のみ。関西圏の人はこの方法を使わない手はないですよ。

今回は、ユーロ両替に的を絞って紹介しましたが、「空港外貨受取サービス」の対象通貨はユーロの他に、アメリカ・ドル、英ポンド、スイス・フランもあります。

マネーパートナーズの口座開設費・維持費・管理費は全て無料ですのでご安心を。口座開設自体は5分程度で完了しますが、口座開設(スタート地点)から空港で外貨を受け取る(ゴール地点)までは最短8日程度かかりますので、この手法を実行される方は渡航日から逆算して10日以上前に申し込まれるといいでしょう。

所要日数

また、この両替手順については、公式サイト内に図入りの解説があります。もし、わからないことがあれば、無料のカスタマー・サポートも利用できますので安心です。

まだまだ、一般的には知られていない外貨両替方法ですので、お知り合いにも共有していただけたら幸いです。

マネーパートナーズ申込

トラベレックス関西空港駅店の詳細

トラベレックス関西空港駅店の地図

トラベレックス関西空港駅店の営業時間は、5:45~23:30。

電車で来られる場合は、JR及び南海電鉄の関西空港駅改札を出て、正面左方向へお進みください。

自家用車で来られる場合は、駐車場からJR及び南海電鉄「関西空港駅」改札方面にお進みください。

バス・タクシーで来られる場合は、乗降場(出発階の4階)から同じく、「関西空港駅」改札方面にお進みください。

このページの先頭へ