4種類のTo Me CARD PRIMEを徹底比較する

東京メトロを利用していると、駅の構内でTo Me CARD PRIMEの勧誘によく出くわすのではないでしょうか。

To Me CARD PRIME、実は4種類あります。

以下で詳しく比較しています。申込みされる前にその違いを知っておきましょう。

PASMO一体型のTo Me CARD Prime PASMOは定期券搭載も可能

まず、To Me CARD Prime PASMO(下図左)とTo Me CARD Prime(下図右)の違いがあります。

To Me CARD PRIMEデザイン画像

左のTo Me CARD Prime PASMOは、PASMO一体型カードです。つまり、クレジットカードそのものにPASMO機能が搭載されています。カードの右上にピンク色のPASMOロゴマークPASMOロゴマーク画像が描かれているのが分かるでしょう。カードそのものに定期券機能も搭載させることもできます。一枚のカードにクレジット機能+PASMO機能+定期券機能を集約させることができるわけですね。何枚もカードを持つ必要がなくお財布がスリムになるというメリットはありますが、紛失したら大変ですね。

以下は、表参道-新橋間の定期券の掲載イメージです。定期券情報は裏面に記載されます。東京メトロ、東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄、相模鉄道で発売している定期券を搭載可能です。

東京メトロ定期券画像

PASMO一体型カードに関しては、申込時に「PASMOオートチャージサービス」を同時に申し込むことができます。

一方、右のTo Me CARD Primeは、クレジットカード単体です。PASMOを利用したい場合はご自分で別途用意する必要があります。To Me CARD PRIMEとご自分で用意したPASMOを紐付ければ、PASMOオートチャージも利用可能となります。もちろん、PASMOオートチャージ金額もクレジットポイント付与対象となります。

カード会社の違い(ジェーシービーvs三菱UFJニコス)

カード発行会社にも2種類あります。株式会社ジェーシービーと三菱UFJニコス株式会社です。

株式会社ジェーシービー発行のカードは必然的に国際ブランドがJCBになります。三菱UFJニコス株式会社発行のカードは国際ブランドをVisaかMasterCardから選べます。

カード発行会社が違うので、ポイントプログラムも異なります。

株式会社ジェーシービー発行のTo Me CARD Prime PASMO、To Me CARD Primeのポイントプログラムは「Oki Dokiポイント」。月間の利用合計金額1,000円毎に1ポイントのOki Dokiポイントが貯まります。Oki Dokiポイント1ポイントで楽天スーパーポイント5ポイント、nanacoポイント5ポイント、au WALLETポイント5ポイントに移行できますので、還元率は0.5%。Oki Dokiポイント1ポイントでANAマイル3マイル、JMBマイル3マイル、デルタ航空スカイマイル3マイルに移行できますので、ANAマイル還元率、JALマイル還元率、スカイマイル還元率は0.3%。

三菱UFJニコス株式会社発行のTo Me CARD Prime PASMO、To Me CARD Primeのポイントプログラムは「わいわいプレゼント」。月間の利用合計金額1,000円毎に1ポイントのわいわいプレゼントポイントが貯まります。わいわいプレゼントポイントを楽天スーパーポイント、nanacoポイント、au WALLETポイントに移行する際の還元率は0.5%ですが、JMBマイルに移行するときのJALマイル還元率は0.2%になります。また、わいわいプレゼントポイントからANAマイル、スカイマイルへの移行はできません。

マイル還元率に若干の違いはあるものの、ポイント還元率についてはほぼ違いがないと見ていいでしょう。

両カードを比較した場合の一番大きな違いは、三菱UFJニコス株式会社発行のTo Me CARD Prime PASMO、To Me CARD Primeには海外旅行傷害保険、ショッピング補償が付帯するのに、株式会社ジェーシービー発行のTo Me CARD Prime PASMO、To Me CARD Primeには海外旅行傷害保険、ショッピング補償が付帯しないということです。

三菱UFJニコス株式会社発行のTo Me CARD Prime PASMO、To Me CARD Primeの海外旅行傷害保険は、旅行前に海外渡航費用をカード決済した場合に適用されます(利用付帯)。

海外旅行傷害保険の携行品損害は、旅先で携帯電話、ノートパソコンなどの身の回り品が盗難されたり、破損した場合に補償される保険で、比較的利用頻度の高いものです。To Me CARD Prime PASMO、To Me CARD Primeを海外旅行でも利用する予定の方は、三菱UFJニコス株式会社発行のカードを選んでおけば無難でしょう

ショッピング補償の年間限度額は100万円。海外でTo Me CARD Prime PASMO、To Me CARD Primeで購入した商品が、購入日より90日以内に、偶然の事故により破損・盗難の損害に遭った場合に適用されます。

逆に、株式会社ジェーシービー発行のTo Me CARD Prime PASMO、To Me CARD Primeのメリットとしては、ポストペイ型電子マネーQUICPayを利用できることと、「プラスEXサービス」(東海道新幹線(東京~新大阪)のネット予約&C乗車サービス)の対象クレジットカードになっていることがあります。

なお、いずれの発行会社のカードを選んでも、ゴールドカードを選択しない限り、空港ラウンジサービスは付きません。ただし、一般カード会員であっても、渋谷駅の地下一階コンコースにある「渋谷ちかみちラウンジ」を直接利用できるというメリットがあります。To Me CARD Prime会員と東急TOP&カード会員以外は、総合インフォメーションにて名前を記入する必要があります。

以上確認してきた違いを以下の比較表にまとめました。

カード会社 株式会社ジェーシービー画像 三菱UFJニコス株式会社画像
国際ブランド JCBブランドロゴ画像 Visaブランドロゴ画像 MasterCardブランドロゴ画像
カード名称 To Me CARD Prime PASMO To Me CARD Prime To Me CARD Prime PASMO To Me CARD Prime
年会費 本会員 2,000円
※初年度無料
※年間50万円以上のショッピング利用で次年度無料
2,000円
※初年度無料
※年間50万円以上のショッピング利用で次年度無料
家族会員 400円
※初年度無料
※年間50万円以上のショッピング利用で次年度無料
1,000円
※初年度無料
※年間50万円以上のショッピング利用で次年度無料
PASMO機能 あり なし あり なし
オートチャージサービス あり 別途申込みが必要 あり 別途申込みが必要
定期券搭載 可能 不可能 可能 不可能
ポイントプログラム Oki Dokiポイント わいわいプレゼント
追加可能サービス ETCカード、プラスEX、QUICPay ETCカード
海外旅行傷害保険 - 最高2,000万円
ショッピング補償 - 年間限度額100万円
利用できるラウンジ 渋谷ちかみちラウンジ 渋谷ちかみちラウンジ
カード盗難保険 あり あり

To Me CARD Prime 入会キャンペーン

最後に、To Me CARD Prime、To Me CARD Prime PASMO共通の新規入会キャンペーンを紹介します。

キャンペーン期間は、2015年9月1日(火)から2015年11月30日(月)まで。

期間中に、To Me CARD PrimeTo Me CARD Prime PASMOに申込みをし、2015年12月末日までにカード発行された方で、各種条件を満たした方に、最大で2,800メトロポイントがプレゼントされます。

  1. To Me CARD Prime、To Me CARD Prime PASMOに新規入会された方に、800メトロポイント進呈。
  2. メトロポイントPlusに2016年1月末までに登録された方に、500メトロポイント進呈。
  3. 多機能券売機(ピンク色の券売機)で2016年1月末までに定期券購入された方に、500メトロポイント進呈。
  4. To Me CARD Prime、To Me CARD Prime PASMOを2016年1月末日までに15万円以上利用された方に、1,000メトロポイント進呈。

メトロポイントPlusの登録は、To Me CARD会員専用サイト、または、駅の多機能券売機で行えます。

To Me CARD Prime入会キャンペーン画像

このページの先頭へ